会社概要

取扱保険会社

取扱商品

自動車からゴルファーまで、リスクに合った保険をお客様にお勧め致しております。

私達の身のまわりに増大するリスク(危険)は、生命や財産を脅かし、家庭生活や企業経営の安心と安全を損ないかねません。 このようなリスクに対し、経済的な補償(保証)をする優れた経済制度である『保険』を通じてお客様をお守りいたします。

1.住まいの保険

住まいの保険
  • ・各種火災保険
  • ・地震保険

2.自動車の保険

自動車の保険
  • ・自動車総合保険(家庭用)
  • ・自動車総合保険(事業用)
  • ・自動車損害賠償責任保険

3.店舗・工場の保険

店舗・工場の保険
  • ・店舗総合保険
  • ・地震保険
  • ・店舗休業保険
  • ・普通火災保険
  • ・施設賠償責任保険
  • ・請負業者賠償責任保険
  • ・生産物賠償責任保険
  • ・受託者賠償責任保険
  • ・動産総合保険
  • ・機械保険

4.スポーツ・趣味の保険

スポーツ・趣味の保険
  • ・ゴルファー保険

5.旅行の保険

旅行の保険
  • ・海外旅行保険
  • ・国内旅行総合保険

6.老後や介護の保険

老後や介護の保険
  • ・介護保険
  • ・年金払積立傷害保険

7.生命保険

生命保険
  • ・定期保険
  • ・終身保険
  • ・個人年金保険
  • ・特定疾病保障定期
  • ・終身保険
  • ・子供保険
  • ・ガン保険
  • ・医療保険

危険と責任

Ⅰ自動車事故発生後の責任

ドライバーが過失で交通事故を起こすと、1.刑事責任、2.民事責任、3.行政上の処分の3つの責任を負わなければならない。

1.刑事責任

懲役、禁固、罰金などの刑罰に問われる。交通事故の場合は、業務上過失致死罪として、5年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられる。

2.民事責任

交通事故により他人の生命・身体、その他の財産を損傷した場合、民法、自賠法の規定に従って加害者が被害者に対し賠償責任を負う。
※民事上の問題には警察や公安委員会は関与せす、加害者、被害者双方の責任で解決する。

3.行政上の責任

違反や事故を起こすと、公安委員会によって免許の取消・停止などの処分を受ける。

Ⅱ自動車事故のリスク

1.賠償責任リスク(民事責任)

(1)対人賠償
 他人を死傷させた場合、法律上の賠償責任を負う。

(2)対物賠償
 他人の財物の損害を与えた場合、法律上の賠償責任を負う。

2.人的リスク

本人や同乗者がケガをしたり死亡する。

3.物的リスク

車両や積荷が破損したり、盗取される。

4.費用リスク

事故に伴って臨時の費用がかかる。
※刑事上の責任、行政上の責任は保険の対象とならない。

Ⅲ自動車保険のしくみ

自動車の保険は、法律で加入することが義務づけられている自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)と任意に加入する自動車保険に大別することができる。

1.自賠責保険

自動車損害賠償保障法(自賠法)という法律ですべての自動車(一部の自動車は除く)につけることが義務づけられている。人身事故における賠償損害について、一定の限度内で保障する。

2.自動車保険

自賠責で保障されない次のような損害について「任意の自動車保険」で備える必要がある。

(1)人身事故の賠償額が自賠責の限度額を越える場合

(2)他人の財物に対する賠償損害

(3)ドライバー本人および同乗者のケガ(自賠責の対象外、あるいは減額の対象となる)

(4)自分の車両の損害など

「金融商品の販売等に関する法律」に基づく勧誘方針

「金融商品の販売等に関する法律」に基づき、当代理店の金融商品の勧誘方針を次のとおり定めましたので、お知らせいたします。

  1. 商品の販売にあたっては、保険業法、金融商品の販売等に関する法律その他の関係法令等を守り、適正な販売に努めてまいります。
  2. 商品の販売にあたっては、お客さまに商品内容を十分にご理解いただけるよう、知識の修得、研さんに励み、わかりやすいご説明に努めてまいります。
  3. お客さまの商品に関する知識、ご購入目的、財産の状況等を総合的に勘案し、ご意向と実情に沿った商品をご選択いただけるよう努めてまいります。
  4. 市場の動向に大きく影響される商品については、お客さまの判断と責任において取引が行われるよう、適切な情報提供に努めてまいります。
  5. 商品の販売にあたっては、お客さまの立場に立って、時間、場所等について十分配慮するよう努めてまいります。
  6. 万一保険事故が発生した場合におきましては、保険金のご請求にあたり適切な助言を行うよう努めてまいります。
  7. お客さまのご意見、ご要望等をお聞きし、商品ご提供の参考にさせていただくよう努めてまいります。