T-db! Toyama Denki Building

製品紹介

Products

シールド空間の選び方

シールドボックス、シールドテント、シールドルームでお悩みのお客様へシールド空間の選び方をご提案します。

シールド空間[EMC]

シールド空間の選び方

当社は卓上の電磁波シールドボックスから電磁波シールドテント、当社独自のハイブリッドルーム、シールドルーム、電波暗室に至るまで現場で必要な電磁波シールド空間のすべてをご提供しています。お客様のご使用状況にあったシールド空間をご提案します。お客様からのこんなの欲しかったにお応えします。

生地から暗室まで。電磁波シールド空間がすべて揃う富山電気をご活用ください。

シールド空間の選び方

試験をするのにシールド空間がほしい。でも予算が足りない。スペースがない。5G用の空間がほしい。EUTが大きい。計測器はあるが外来が入って困る。社内無線LANが邪魔などなど・・・。このようなお悩みありませんか?そんな時は当社がご提案するシールド空間をご検討ください。生地から暗室まで。シールド空間がすべて揃う富山電気はお客様の様々なお悩みにお応えします。

シールドテントとは

電磁波シールドテントとは生地状の電磁波シールド材料を用いたシールド空間のことです。シールドルームと比較して低いコストで軽量であり組立、収納が容易なことがメリットです。
一般的にシールドルームより性能が大きく劣る点がデメリットとして挙げられますが、このイキソルラボは約80dBの性能がありますので高性能でありながら、シールドテントのメリットを存分に生かした製品となっています。
確実なシールド空間をお手軽に、しかも低コストでご提供しています。

シールドルームとは

シールドルームとは、外部からの電磁波の侵入や、室内で発生した電磁波の漏洩を高い遮蔽率でシールドする設備です。近年、携帯電話や地上デジタル放送、5Gなどの無線環境の急速な進歩により、EMCへの関心は益々高まっております。特に産業分野においてシールドルームは必須の設備であり、使用目的、用途によりこれまで様々なご要望を求められてまいりました。
我々はそのご要望一つ一つに真剣に取り組み応えています。その積み重ねた実績と経験により、お客様に最適なシールドルームご提案いたします。

ハイブリッドシールドルームとは

シールドテントとシールドルームの両方を手掛ける当社だからできた両方のいいとこ取りのシールド空間です。
予算の都合上シールドルームまでは無理だが、シールドテントだと性能に不安がある、シールドテントのファスナー開口が面倒である、中の電源設備や照明などはしっかりと確保したい。など現場のご要望は様々です。そのようなお客様にもお応えするべく価格も性能も使い勝手もちょうどいいシールド空間がハイブリッドシールドルームです。
シールド性能で最も重要な開口部はシールド扉を使用。壁面や天井面はシールド生地を使いますので空調や照明を不要です。また工期短縮にもつながります。しかし電源設備や外部とのコネクタはお客様に合った容量・仕様でご準備します。

シールド空間の選び方ショートカット

予算・スペース・性能から選ぶ

よくあるお悩み

△予算と設置スペースが限られておりシールドルームは建てられない。
△都度外部の試験場に通うが手間と費用と時間がかかる。
△社内で味見ができるシールド空間がほしいがシールド性能も当然高い方がよい。

イキソルラボがおすすめです。

低コストで高パフォーマンスのイキソルラボは社内での試験空間構築に最適です。軽量ですので使いたい時にすぐ組立ができ使用後は後片付けができますので限られたスペースを有効に活用ができます。

詳しくはこちら

EUTサイズと予算から選ぶ

よくあるお悩み

△中に入れる試験体が大きく重い。
△台車などで出し入れをしたいがテントだと床の強度が不安。
△車両をそのまま入れたいがシールドルームだと大きくなり予算がない。

イキソルラボなら床面鋼板仕様の5面体も可能。

低コストで高パフォーマンスのイキソルラボで床面を鋼板仕様の5面体をおすすめします。
テント開口部の段差をなくし、台車や車両のまま出し入れが可能でハードにご使用いただけます。

詳しくはこちら

シールドテントを対象物から選ぶ

周波数とサイズから選ぶ

シールドテントを5Gから選ぶ

よくあるお悩み

△5Gやミリ波の本格運用に向けた通信試験においてシールド空間が必要だが、シールドルームほど大きなサイズは必要ない。
△開発品で社外秘だが外部試験場に行くと訪問履歴が残る。

イキソルラボなら5G(28GHz帯)~ミリ波まで対応。デスクトップサイズもご準備しています

イキソルラボは30MHz~77GHzで約-80dB。衝突安全の77GHzにも対応しています。
EUTが小さい場合もデスクトップサイズもご準備していますので机の上が専用シールド空間になります。

詳しくはこちら

ハイブリッドシールドルームを選ぶ

よくあるお悩み

△出入りが頻繁なのでシールドテントのファスナー開閉が面倒。
△シールド空間内で電源を複数系統使用したい。また外部機器とのコネクタ接続もしたい。
△シールドルームとシールドテントの中間はないの?

あります。ハイブリッドルーム。

シールドパネルとシールド生地で作り上げるのがハイブリッドルームです。
シールド扉を採用しますので開口部も確実にシールド。また電源供給や外部コネクタ接続もシールドルームと同様。
生地部分からはルーム外の照明や空調を取り入れることができますので付帯設備コストを抑えることができます。

詳しくはこちら

ハイブリッドシールドルームを選ぶ

当然性能重視。シールドルームを選ぶ

シールドルームを選ぶ

よくあるお悩み

△80dB以上の性能が必要。
△空調や照明も必須。
△アンテナ試験試験内容からシールドルームが必要。しかし高価な設備のため打ち合わせ段階から施工、アフターまでしっかり対応をしてほしい。

お打合せから性能試験、アフターまでお任せください。

シールドルームは建てて終わりではありません。お客様のご要望に合わせたサイズ、性能、施工、性能試験、アフターまですべて一貫して対応しています。吸収体追加や電波暗室含めお問い合わせください。

詳しくはこちら

通気性で選ぶ

よくあるお悩み

△シールド性能はそこそこ必要だが中に入れるEUTが放熱するため通気性を重視している。
△反対に外から熱を加えたい。

イキソルメッシュがおすすめです。

イキソルメッシュはメッシュ生地のため開口があります。その分性能よりも通気性を重視したシールド材料です。
1重仕様であればより通気性を確保することができます。

詳しくはこちら

シールド空間を通気性で選ぶ

加工した形で選ぶ

シールドカーテンを選ぶアイコン

よくあるお悩み

△設備ケーブルかをシールドしたいがアルミ箔だと再現性がなく、またゴミになる。
△シールドルーム内をカーテンで仕切りたい。
△シールド生地を広くして様々な試験用途として使いたい。

様々な加工もお任せください。

当社はお客様のシールドに関する様々なご要望にお応えをします。
ケーブル用シールドチューブやカーテン加工。また生地単体を広くしたい、片面を絶縁にしたいなど。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら

お問い合わせは“富山電気ビルデイング商事部”へ

お問い合わせフォーム

商事部のお問い合わせフォームへジャンプします。

T-db! 富山県富山市新桜町5番3号 第2富山電気ビルディング4階
TEL.076-432-4115
T-db! 石川県金沢市二ツ屋町8番1号 アーバンユースフルビル2階
TEL.076-233-2700
T-db! 東京都港区芝公園1丁目1番12号 芝公園電気ビルディング
TEL.03-5843-8863