T-db! Toyama Denki Building

製品紹介

Products

電磁シールド・EMP対策(情報セキュリティ)

シールド空間[EMC]

電磁シールド・EMP対策(情報セキュリティ)

現代の様々な社会インフラやオフィス環境の情報は自然現象や意図的なものまで電磁波脅威に晒されています。電磁的ハッキング・盗聴悪意のある電磁的妨害(IEMI)EMPなどの電磁的攻撃(HEMP・HPEM)から大切な情報を守るためには電磁シールドが有効です。そのような電磁波脅威から大切な情報を守る電気的、環境的対策をご提案します。

電磁波脅威について

電磁波脅威について

現代の様々な社会インフラやオフィス環境から個人所有の電子機器に至るまで常に電磁波脅威に晒されているといっても過言ではありません。電磁波脅威は雷や磁気嵐など自然現象によりものから、高高度爆発による電磁パルス照射(HEMP)など人為的なものがあり、私たちの社会に大変大きな影響を与えかねないものとなっています。これらは電子機器などに対するイミュニティの限度値を超えるような「電磁波攻撃」とみなされています。また他に私たちが日々使用している電子機器や通信機器から意図的に情報を盗む「電磁波盗聴」もまた電磁波脅威の一つと言えます。

当社はこれらの脅威へ対策をご検討されているお客様に電気的且つ環境的対策をご提案します。

 

電磁的脅威の分類1

-外部からの強電界照射-

高強度電磁界(HPEM)と呼ばれる脅威はその原因が自然現象と人為的なものを含みます。いずれの場合もある程度データが存在しており、どの程度の電界強度が地上に飛来するかが分かっています。
以下に高強度電磁界の主な成分と、それぞれの脅威に対する電界強度と周波数の関係を表したものを示します。

想定される被害

●電力送電網や社会インフラの麻痺
●IT機器、家電機器の故障
●自動車等の誤動作

 

電気学会編「電磁波と情報セキュリティ対策技術」より

電磁的脅威の分類2

-電磁波盗聴-

ほとんどの場合、電磁的盗聴は電子機器からの漏洩電磁波を外部から検知、分析することで行われます。電磁波を放射する機器は情報を暗号化するなどの対策が近年では当然のように行われますが、暗号化されていない領域への侵入(バックドアアタック)や、暗号そのものが解読された場合など、脅威の発展は止まる所をしりません。
移動体の電磁的セキュリティは非常に複雑ですが、多くは固定設備(情報センサーやサーバーなどが設置されている場所、情報機密度が高い部屋など)への攻撃が主流のため、これら設備への対策をどのように取るかが決め手となります。
一般的な電磁的脅威(盗聴等)の対策イメージを記載します。

想定される被害

●盗聴、盗撮
●情報漏洩
●サイバー攻撃

 

導入が検討されるアプリケーション

<シールドルーム>

■ビル内に電磁シールドによるセキュリティゾーン
■盗聴や電磁的妨害の対策にシールドルーム
■サーバ室の電磁的妨害対策にシールドルーム

富山のシールドルーム

〈シールドテント〉

■オフィスに即席のセキュアな電磁シールド環境を
■屋外で仮設のセキュアな電磁シールド環境を
■電磁的攻撃からのサーバラックの保護に

5G シールドテント イキソルラボ 各部詳細

お問い合わせは“富山電気ビルデイング商事部”へ

お問い合わせフォーム

商事部のお問い合わせフォームへジャンプします。

T-db! 富山県富山市新桜町5番3号 第2富山電気ビルディング4階
TEL.076-432-4115
T-db! 石川県金沢市二ツ屋町8番1号 アーバンユースフルビル2階
TEL.076-233-2700
T-db! 東京都港区芝公園1丁目1番12号 芝公園電気ビルディング
TEL.03-5843-8863