T-db! Toyama Denki Building

製品紹介

Products

ビームフォーミング開発ツール | ビームフォーミングアンテナ | BBox One 5G | 28GHz帯(16ch)

5G, シールド空間, ビームフォーミング[EMC]

ビームフォーミング開発ツール | ビームフォーミングアンテナ | BBox One 5G | 28GHz帯(16ch)

昨今の5G通信デバイスのミリ波帯では、従来のアンテナと異なりビームフォーミングが用いられる様になりました。
BBox One 5Gは4×4個のアンテナを内蔵し、16チャンネル制御可能なRFチャンネルを有するビームフォーミングアンテナデバイスです。専用ソフト又は提供のAPIを用いてEthernetで制御する事で、 各RFチャンネルの振幅・位相をコントロールして様々なビームパターンの出力(入力)が可能です。
またシールドテントと組み合わせることで最適な環境を作り上げることができます。

28GHz帯ビームフォーミング開発ツール(16ch)

ビームフォーミングとは

ビームフォーミング(beamforming)とは、電波の指向性を所定の方向に高める技術です。
5Gのように周波数が高くなればなるほど、データを大容量且つ高速にできますが、反面到達距離は短くなります。
多数のアンテナを形成し、各アンテナからの電波の位相を少しずつずらしていくというもの。
各アンテナから出た電波は全て同じ方向に飛ばすことができるため強度が増し、また遠くまで飛ばせるようになります。
そのため5Gの開発には必要不可欠な技術です。

ミリ波のビームフォーミングデバイスの専門メーカーであるTMYTEK社の製品は既存の信号発生器(28GHz帯対応品)からの1つの入力で、16チャンネル分岐独立制御可能なビームフォーマー「BBox One 5G」を始め、画期的な製品が多数ございます。

 

beamfoeming imge

BBox One 5Gとは

4×4個(合計16個)のアンテナを内蔵し、それぞれのチャンネルを独立して制御可能なRFチャンネルを内蔵したデバイスです。
専用ソフト又は提供のAPIを用いてEthernet接続で制御する事で、各RFチャンネルの振幅・位相を独立にコントロールして電波の入出力が可能です。

 

参考動画

主な仕様

・動作周波数  :26.5~29.5GHz
・外形寸法   :156 x 82 x 82 mm(LxWxH)
・RFコネクタ  :2.92mmコネクタ×1 (Tx/Rx兼用)
・RF最大入力  :+2 dBm
・最大出力   :+38 dBm (EIRP)
・ビーム調整範囲:±45°(垂直・水平)
・動作電圧   :USB Type-C (5V/2A)
・制御ポート  :RJ45
・ソフトウェア :付属ソフトUI及びAP

 

ビームフォーマーシステム図

ソフトウェア制御インターフェース

BBox™ One のソフトウェアインターフェイスは、UI と API の両方を提供しており、
これらは完全に当社のソフトウェアチームによって設計されています。
特許取得済みのソフトウェア・アルゴリズムにより、ビーム角の精度が向上し、制御が容易になりました。
このモジュールは、RJ-45 イーサネットケーブルまたは USB ケーブルで制御できます。
ユーザーインターフェースと API は、Web サイトにアクセスしてダウンロードすることができます。
ユーザーインターフェースには、16 チャネルの位相・振幅制御ブロック図が下図のように表示されます。
パラメータを制御するには、dB と Φ のスライドバーを目的のチャンネル上でドラッグして変更します。
インターフェースの左側には、ビームステアリング角が表示されています。
当社の標準アンテナキットと併用することで、ステアリング角を制御することができます。

 

ソフトウェア

データシートはこちら(外部リンクに接続します)

 

ビームフォーミングdatasheet

お問い合わせは“富山電気ビルデイング商事部”へ

お問い合わせフォーム

商事部のお問い合わせフォームへジャンプします。

T-db! 富山県富山市新桜町5番3号 第2富山電気ビルディング4階
TEL.076-432-4115
T-db! 石川県金沢市二ツ屋町8番1号 アーバンユースフルビル2階
TEL.076-233-2700
T-db! 東京都港区芝公園1丁目1番12号 芝公園電気ビルディング
TEL.03-5843-8863